音色 neiro - Short Short Story ▼ New Story
Arc.1 > ♯0-13 
Arc.2 > ♯14-31 
Arc.3 > ♯32-51 
Arc.4 > ♯52- 
 ♯68.掃除、整頓、Erectric Pop Music 2021.10 Update
 ふと、始めた物事を完了するまでの一定期間、
 積み上げた書物や、使う順に配した道具類を広げることがある。
 端から見れば、「散らかし放題」に映るかもしれない。
 迅速に手順が進む際は、いつの間にか跡形もなく片付く。
 諸事情で遅々として捗らぬ場合は、言い訳さえ空しい。
 故に何時からか、事柄別にボーリングのピンのように並べた上で、
 条件別に好機を割り当て、行う習性が身に付いた。
 もちろん、事前に行程や合理性などを熟考する段取りも欠かせない。
 似たように見えるスリッパに左右があるように、何事にもベクトルがある。
 正否は、手始めからの進み具合で直ぐに分かるだろう。
 そんな時、論理的思考を促したり、弾みをつけてくれる気がする音楽がある。
 騒音になるなら、思い浮かべるだけでも有効♪ Electric Pop Music, 竹筒への水音もひとつ。

 Stone Age / Stone Age
 Polar Shift - A Benefit for Antaretics / Various Artists
 White Winds / Andreas Vollenweider
 LC / Durutti Column
 Big Science / Laurie Anderson
 Jelly Tones / Ken Ishii

Copyright 2005- Toshitaka Shimizu All rights reserved.