音色 neiro - Short Short Story ▼ New Story
Arc.1 > ♯0-13 
Arc.2 > ♯14-31 
Arc.3 > ♯32-51 
Arc.4 > ♯52- 
 ♯71.感覚の衰退 2022.7 Update
 涙、汗、唾液、鼻水と聞けば、
 「きれい」か「汚い」に分けた反応をするのが常。
 しかし、医学的に解釈すれば、何れも身体を健全に保つ体液でしかない。
 それは人間社会においても同じで、年齢、性別、国籍などの尺度は疑わしく、
 ごく表面的、あるいは形式的な類別に過ぎぬことは、
 古代からの歴史を紐解き、社会の隅々まで見渡せば明白。
 固定観念や既成概念による反応は、感知機能を硬化させ、人を退化へ導く。
 まずは目盛をリセットして、役割や能力などを知ろうと試みる。

 形容詞で表す感情に操られるのも大人げなく、地に足がつかない。
 容易くは見えない本質を感知する動向が激減する時流を置き去りに、弛まぬ進化の一途へ。

Copyright 2005- Toshitaka Shimizu All rights reserved.