音色 neiro - Short Short Story ▼ Archives 1 > ♯00-13 / 2005-2009

					

					
Archives 2 > ♯14-31 
Arc. 3 > ♯32-51  
Arc. 4 > ♯52-  
 00.五感を澄ませば     
 01.一服の響き   [和様彩雲]
 02.呼び音     [和様彩雲]
 03.空想の音        
 04.温故知新の唄  [和様彩雲]
 05.問答の先へ招く音      
 06.音なき夜空へ        
 07.藁半紙の後先    [和様彩雲]
 08.箸先に見る民族文化 [和様彩雲]
 09.薫る音            
 10.コマ撮り芝居     
 11.しあわせのバロメータ 
 12.凹か凸か   [和様彩雲]
 13.湯に笑う菜花 [和様彩雲]
 
音色の副題「和様彩雲/わようさいうん」は、仰ぎ見る晴れ(彩雲)を、日本古来からの様式/特徴(和様)へ
 見出す試みを表しました。音色や彩旬記などの特色でもある趣が、より分かりやすく伝われば幸いです。
♯13.湯に笑う菜花 [和様彩雲] 2009.5 Update
 寒々しく見えた枝が葉に隠れ、枯葉の間には新芽が顔を出していた。
 吹く風が心地よく、時には花の香りさえ運んでくる。
 開放的になる一方のこれからは、何事かに集中する好機!
 時とともに、空腹や疲労をさらりと忘れて没頭してしまう時がある。
 そんな時、無用にも思えるティータイムに何より救われる。

 それは友からの電話やメールだったり、ちょっとした笑い話だったりもする。
 騒々しい場所に居ても、集中し始めれば静寂に包まれるが、常日頃、気をつけたいと意識することがある。
 浅い呼吸になっていないか、深く息を吸って吐く腹式呼吸を続けているか、と。

 まだ肌寒い頃に出回る菜花は、待ち遠しい季節が近づいた知らせ。
 湯に入れると、固く閉じた蕾がそっと笑う。
 花がひらくことや果実が熟して割れることも「笑う」と表されるが、
 そういうことのために費やす時間を、年々増やしつづけたい。
PageTop▲
♯12.凹か凸か [和様彩雲] 2009.3 Update
「ご機嫌いかがでしょうか」、「お元気ですか」といった挨拶言葉がある。
 野暮な直訳をすれば、「本日の気分は上向き? 下向き?」ともなるが、
 気遣いから生まれる所作や言葉はやはり、とても美しく思える。

 声をかけられて答える現状はもちろん、いつも元気なはずもない常日頃。
 一曲を聴いて気持ちに勢いをつけようとか、気分を変えようと音源を探す。
 たとえばと選んだのは、2分30秒足らずというドアーズのファーストアルバム1曲目。
 歌い初めから10秒足らずで繰り返されるのは「Break on through to the OtherSide!」。
 音源探しを繰り返しながら、ふと思う。歌はどこから生まれ、どうして広まるのだろう。

♯11.しあわせのバロメータ 2009.1 Update
 パリパリッ! シャリ! 生野菜を頂く食卓では小気味よい音が響く。
 サラダバーのある店で友と話しながら、予想外のテーマになったのが“幸せの基準”。
 哲学好きな相手だったため、理屈っぽい答はナンセンスに思えた。
 直感的に浮かんだのが“美味しい食事を楽しめるか否か”。
 あまりにも単純だが、心身ともに健やかでなくては困難だろう。
 状態を知る評価基準の一つにはなるだろうと思えた。

 どのみち、飲み食いを愉しむ贅沢なひとときに難しい話はいらない。
 語らずとも多くを感じ取れるのも、深いつきあいを重ねた仲ならではの醍醐味。
 身近な素材で構成された新しい妙を知るのも大きな楽しみ!
 今度はフルーツバーのある店で、やわらかなお題を品よく語り合うのも楽しそうだな。
PageTop▲
♯10.コマ撮り芝居 2008.11 Update
 一点だけを照らした静かなスタジオに、カメラのシャッター音が響きわたる。
 小刻みに動かしては一コマずつを作りこむアート アニメーション。
 クレイ アニメにも代表されるストップモーション アニメは、歩みを辿るのも楽しい。
 実写を交えた特撮では、レイ ハリーハウゼンの作品群も知られるところ。
 人形などのポーズを微妙に変えては撮るプロセスを、一コマずつ行うため、
 1分相当の映像を撮るにも膨大な手間と時間がかかり、習得すべき術も多い。

 リアリティより見映えの面白さを優先したり、その逆もあり。
 かかる手間を軽減するソフトウェアもあるが、仕上がりは全く異なる。
 イマジネーションが頼りの手作業は、精確さより微妙な息遣いや趣を重んじるらしい。
 思わずツッコミたくなるような他愛なさも、遊び心や童心をくすぐる。
 1940-60年代に多くの秀作を輩出した猫とネズミの数分アニメも、創造性やこだわりの結晶。

 数十年どころか数年で一変するテクノロジーを手足に生きる現代、
 ほがらかで完成度の高い絵心は、いつまでも色褪せることなく、シャボン玉のように儚くも輝く。

 ♯9.薫る音 2008.9 Update
 珈琲の香りに誘われ、今では珍しくなったベル付きのドアを開いた。
 好みの一杯と語らいを楽しむために、眺めの良い席を選んで椅子を引く贅沢な機会。
 カランコロンと響く音は、常連の人たちにも心地よく聞こえるらしい。
 そこでは完成を遠ざけるパズルあそびのような話でも、取り留めもない雑談でも構わない。
 言葉すくなく、間合いや趣のキャッチボールを楽しめれば幸い。
 会わなかった間に重ねた機微や経験も見え隠れし、親しい間柄でこそ、場の醍醐味も多い。
 馴染みの店を心の居場所と慕う人の気持ちも分かる気がする。

 ふと、低いトーンで不自然な若者言葉を話す男性の声が響く。
 落ち着いた年代に、若者言葉を真似る人が増えたと聞いてはいたが、やはり奇妙に映る。
 機会ごとに肝要とされ、年月を経て根づいた大人言葉を廃棄する行動でもある。
 敬語の廃れは、敬う気持ち自体の欠落によるが、半ばは自ら招いているらしい。
 冷めかけた珈琲は、一考した内容にふさわしい味がした。
PageTop▲
 ♯8.箸先に見る民族文化 [和様彩雲] 2008.7 Update
 二本を叩き合えばカンカンと、太鼓のスティックのように甲高く響いた。
 その箸は丈夫な紫檀製で、異国の南島で作られたものだった。
 友からの頂きものだから、大切な機会に使おうと試みたが難しかった。
 箸先でも直径3ミリメートルほどあり、食材をつかめず、さばけない。
 材質の価値を思えば、飾り物にしておくのも切ない。
 作られた現地では用足りるようだが、日本の食卓では割り箸にも及ばない。
 これほど馴染み深いもので、民族文化の特性を再認識させられるとは...。

 出来そうな気がしたある日、望ましい形へ加工しようと決めた。
 まずは理想的な形を覚えようと、お手本になるいくつかを指でなぞって記憶した。
 “触感”は、見るより細やかな情報が得られる頼もしい感覚。
 しかし、思った以上に木質は硬く、やすりを使う指先を酷使することになった。
 それでも仕上がった箸は手本にも近く、Made in Japanの感慨深い愛用品が誕生した。

 ♯7.藁半紙の後先 [和様彩雲] 2008.3 Update
 めくればパリッと軽い音がして、半紙のように薄く、ざらつく手触りも特徴。
 ガリ版やカーボン紙刷りなどへ使われた藁半紙は、残るべくして伝わる逸品。
 馴染み深い再生紙だが、藁とコウゾまたはミツマタを混ぜて漉いたもの。
 砕木パルプが原料のざら紙と言った方が伝わりやすいだろうか。

 ずっと同じ理由から、薄くて軽い紙を好んで求め、使い続けている。
 通常紙より軽い紙は必要枚数が多いほど、持ち運びに重宝する。
 インクや絵の具, 顔料, 墨汁などを使うと、滲みの妙も味わい深い。

 ざらついた見栄えも味わい深く、作り手の情熱がひしひしと伝わるものは他にもある。
 ゆらぎやノイズ混じりの8ミリフィルム映写で見た昭和中期の邦画もそのひとつ。
 足りないテクノロジーを想像力や創意工夫で補った大衆芸能だが、
 見えないものさえ感じ取ろうと努め始めた少年期には、他には変えがたい希少な体験だった。

 デジタルの利便性やクリアな画質自体が、人の心に触れる事はないだろう。
 近代作の多くがクォリティを高めつつ、情緒や心の機微を失いかけているように感じる。
 手段は目的にはならず、条件と歌心は比べようもなく異なる。
 ぬくもりを感じさせる不揃いな繊維の紙を日光にかざしながら、想いは過去と現代の機微を巡る。
PageTop▲
 ♯6.音なき夜空へ 2008.1 Update
 ただ静かな夜空へ、大きな星が浮いている。月の満ち欠けは奇妙にも見える光景。
 たいていの物事は原因や理由が分かれば自然に思えてくる。
 かかる理由を知らぬ古代人は満ち欠けの様子をどう考えたのか...。
 本体と対で動く影や逃げ水蜃気楼なども、初めて見た時は不思議に感じる。

 話のより深層へ進むため思考の構造に関わる仕組みをシンプルに解いてみよう。
 普通と異様は対局にあるが二つの円が交わる曖昧な領域も在る。
 既成概念は想定の塊で仮定というあそびを持たず自由な発想と交わらない。
 物事に対する知識はこれらをある時は壊しある時は構築する。

 一方年を追うごとに予想や思い通りにならない現実に多く行き当たる。
 どうすれば適切かと考え途方に暮れる日もある。
 できる事すべてを尽くしたら考えても考えずとも結果に大差はないように思える。
 歩み続ける道中は考え過ぎない気にし過ぎないという選択しかないのかもしれない。
 絵画や音楽も同様だが物事の本質や価値は日差しが解き明かすような気もする。
 いくらか欠けた月が未熟な考えを見透かすような猫の瞳に見えた。

 ♯5.問答の先へ招く音 2007.11 Update
 風が吹く音は涼しげに聞こえ、炎が燃える音には暖かさを感じる。
 当たり前な連想だが、生きものが音から物事を考える証だろう。
 ところが、人は年を重ねながら、考える事から離れていくのが通例らしい。
 周囲を見渡して、思い当たる物事はないだろうか。
 
 物事について考えると、思考や心のフィルターを構成する縦糸と横糸が増える気がする。
 分からなかった事を理解した後、他への洞察力も上がったと感じた覚えは?!
 考えることを止めたら、頭や心が萎えるのは早いように思う。

 そして、後に芽を出す哲学の種は、日常にも多く在る。
 音楽、本、会話、数文字の活字、映画のワンシーン、記憶の断片など、フォーマットは多彩。
 ある瞬間から人知れず、こころ静かに問答が始まる。自ら、それと気づかない時もある。
 思索へのパスポートは数々あれど、錯覚に陥らぬ秘訣はそう多くはない。
 あくまでも心の内で“個”として歩み続けるのが、いにしえから続く修練の前提。
PageTop▲
 ♯4.温故知新の唄 [和様彩雲] 2007.8 Update
 ノックするように叩くと、ごつっと重い音がする。
 昔の家具は多くが丈夫だったように思う。
 今どきのものより重いのは、良質な木材を使ったせいだろう。

 近頃、懐古的な家具を揃え、蓄音機で古い流行歌を聴く人もいるらしい。
 今や遺産ともなりつつある昭和歌謡の名曲は、
 いろいろと厳しかった時代に、人々のこころを支えたとも聞く。
 感傷的な懐古ではなく、現実に人のこころをひらく歌は確かに在る。
 そもそも“歌”とは、どんなものだったろう。“音楽”とは、どのようなものなのか。
 魂のようなものが宿るか否かが答なら、新旧を問うのも無意味に感じる。

 作り手のこだわりがこもった良きものは、時に多くを考えさせる。
 単純に切り捨てた日本らしさの断片は、スペアがない個性や特徴の象徴だった。
 現在から未来へと生き、暮らす中で、過去から受け継ぎ、先へと活かすべき物事を考えたい。
 その価値を知る人々が一人でも多く居る間に。

  ☆綴りようのない塊と向き合う時、思い浮かぶのはセルフ ヴァージョンもあるピエール バルー作の...。
                  水の中の環 - Des Ronds Dans L'eau // フランソワーズ アルディ

 ♯3.空想の音 2007.5 Update
 ボールを持って買いに行った店先で「一丁ください」と声をかける。
 水の中から荒々しく取り出された豆腐は大きく揺れ、いつもドキドキした。
 やわらかな物が揺れるとき、聞こえないはずの「ぷるぷるっ」といった音が思い浮かぶ。
 電報が使われるようになった当時、電線へ手紙を吊るした人がいたそうだが、
 あり得るかのような空想や錯覚から生まれた発明品が、日常の至る所に混在している。

 不思議に思える物事は現実にもある。巻き貝の貝殻に耳をあてて聞く波音は...。
 さて、周囲と同じようにありきたり、と素通りした後、
 好奇心旺盛だった当時に求めた答えは、全て得ただろうか。

 触れるだけで崩れそうなものや、不安定なものを大人は敬遠する。
 子供の頃は興味津々で、結果は半ば分かっていても手を伸ばしたはずなのに。
PageTop▲
 ♯2.呼び音 [和様彩雲] 2007.2 Update
 姿は見えずとも辺りを包む鳴き声は、来る季節の知らせ。
 繰り返す音は重なり合い、個々の意図とは異なる趣を帯びることがある。
 日常的に馴染んだ音であれば、なおさらに。 
 凛とした緊張感ある空間で、お気に入りの絵に見とれる最中、
 または待望の音楽に聴き入る時、時報などの電子音を耳にしたら?!
 こころが高揚するまでに至ったプロセスも、ひとつの音であっけなく消える。
 識者や日本びいきな外国人が時に謳う“精神文化の衰弱”という懸念も正解だろうか。

 ♯1.一服の響き [和様彩雲わようさいうん] 2006.4 Update
 春から晩秋、初冬にかけて、葉は若葉色、深緑、黄や赤、枯れ色に。
 重なりあう音も、さわさわ、ざわざわ、かさかさと変わる。
 太古から連なる“自然の美”、人の手はそれらと並ぶ“美”をつくれるだろうか。

 鹿威しの凛とした響きに、足をとめる。
 この仕掛けを手がけたのは、どんな想いからだろう。
 竹筒へ水を招き、場にふさわしい響きや間合いを寄りそわせた一手に。
 たとえば、望む時、望む場へ、こんな趣を持ちこめたら…。 
 ありふれた場所で、何気ないものへ感謝を。
 
 ※京都 詩仙堂で生まれた鹿威し。僧都(そうず),添水とも呼ばれ、
  家康の家臣で詩歌に秀でた文人 石川丈山が考案。僧都は奈良-平安時代に生き、
  天皇に召された高僧“玄賓僧都”の呼び名。名声を嫌い、奈良を出て丹波,備中の田舎を流転。
  山田を転々とする事から、山田僧都とも呼ばれて親しまれた。収穫の秋、農夫姿で雀やカラスを
  追い払って農民に感謝されたとか。“山田の案山子”はこの逸話から生まれた呼び名。
  石川丈山がこの故事を引用して、鹿や狸を追うために考案した道具を“僧都”と命名。
  “鹿威し”の名は、昭和32年に苔寺で作られた“僧都”が“鹿威し(ししおどし)”と
  表示されて以来、その呼び名が一般化したためと伝わる。

音色の副題「和様彩雲/わようさいうん」は、仰ぎ見る晴れ(彩雲)を、日本古来からの様式/特徴(和様)へ
 見出す試みを表しました。音色や彩旬記などの特色でもある趣が、より分かりやすく伝われば幸いです。
 ♯0.五感を澄ませば 2005.6 Update
 遠くや近くに感じる諸々の気配。
 静かな山中は、匂いや触感、音、色彩なども立ちこめる気の塊。
 物や音があふれ、 過剰な情報が行き来する文明社会から見れば、
 現実逃避を象徴するようにも思われがちな自然の懐。

 草を踏む音、小石がぶつかりあう響き、流れが交差する濁音、鳥や虫の鳴き声...。
 リラックスして“気”をキャッチするひとときが、イマジネーションを高めるのでしょうか。
 時に、在らぬものが近づくような不思議な気配に包まれる瞬間も。
 音色探しも楽しみつつ、“停電でも成り立つものを源に”の一言を、こころ枯れぬみなさまへ。
 音色 neiro - Short Short Story ▲ Archives 1 > ♯00-13 / 2005-2009

					

					
Archives 2 > ♯14-31 
Arc. 3 > ♯32-51  
Arc. 4 > ♯52-  

Copyright 2005-2013 Toshitaka Shimizu All rights reserved.