音色 neiro - Short Short Story ▼ Archives 3 > ♯32-51 / 2013-2017

					

					
Archives 1 > ♯0-13 
Arc.2 > ♯14-31 
Arc.4 > ♯52- 
 32.香味一服     33.クロスロードから来た音楽
 34.吾唯知足     35.野良囃子
 36.根幹主体か、枝葉重視か 
 37.Keep Calm and Carry On  38.仁義礼智忠信孝悌
 39.はてさて         40.音楽のシルエット 
 41.美術の星明かり      42.文学の密林
 43.真理探究のスパイラル   44.自然へ刻まれし理
45.映画紀行 「自分という名の歩み」  
46.映画紀行 「来る現実への手掛かり」
47.映画紀行 「心の紡ぎ歌」 
48.映画紀行 「人知の越境」 
49.映画紀行 「特異が育む哲学」 
50.映画紀行 「無意識の恩恵」 
51.映画紀行 「魂が歌う奇跡」
♯51.映画紀行 「魂が歌う奇跡」 2017.10 Update
 湧き上がるメロディやリズムに、心をつかまれてしまった。
 ごく希なはずの感動的な出来事を、冷静沈着に分析しても味気ない。
 誰一人として立ち止まれない生涯において、
 素晴らしい現象や存在を、無心で受け止めた瞬間。
 目や手足の動きさえ、調べを支えていた。
 忘れ去られて久しい音律や、粗削りなコーラスさえ、
 源次第なのだと、何度となく思い知らされる。

 理性と知性の発達が、本来は動物であるはずの人間を鈍感にする。
 時には幼子や動物がするように、在るがままへ向かう「構えなき心」を。

 年代順 > 愛と哀しみのボレロ [1981年/フランス]、最後の誘惑 [1988年/アメリカ]
 奇跡の歌 [Looking for an Echo/1998年/アメリカ]、Song Catcher 歌追い人 [2000年/アメリカ]、
 コールド マウンテン [2003年/アメリカ]、五線譜のラブソング De-Lovely [2004年/アメリカ]、
 オペレッタ狸御殿 [2005年/日本] < 不定期更新あり
PageTop▲
♯50.映画紀行 「無意識の恩恵」 2017.7 Update
 現実には起こり得ない不可思議な夢。
 高まる願望や憧れなど、見た理由を理解しようと努めるより、
 緊張を和らげるジョークのようなマッサージ効果に注目したい。
 幼児期、思春期、自立後、円熟期、老後などの年代という条件に加え、
 集中力や精神力が強いほど、制御できない無意識での反動も大きいはず。

 人が知り得る物理は万物の1割にもならず、
 習慣や世情といった法則は、あまりにも曖昧。

 気づくか気づかないかに関わらず、古今を問わず、日常は不条理の塊。
 そうした矛盾と折り合うために、幻想が洗練され、活用されたのかもしれない。

 年代順 > 詩人の血 [1930年/フランス]、マスク [1994年/アメリカ]、
 モンキーボーン [2001年/アメリカ]、ドリーム キーパー [2003年/アメリカ]、
 阿修羅城の瞳 [2005年/日本]、ミラーマスク [2005年/アメリカ]、
 Dr.パルナサスの鏡 [2009年/イギリス,カナダ] < 不定期更新あり
♯49.映画紀行 「特異が育む哲学」 2017.4 Update
 一般的な事を重んじる風土が、無害な例外を「特異」などと称して区別する。
 真に「例外」とされるものに、区別される意味の自覚はなく、
 むしろ自ずと、曲がることなく空へと伸びた木の幹のようなもの。
 サナギを経てチョウになる途中の過程、または「状態」とも言えるだろう。

 興味深いのは、ごく少数の例外に、大多数が波立った後の影響。
 幼児や昆虫のように、好き嫌いのみへ支配された「反応」で閉じるもよし。
 関わりを試みたり、推察を経た定義を見出すもよし。
 あらゆる存在には、それぞれの意味がある。
 多くを似たようにとらえてしまう既成概念も、「因習」ではないだろうか。

 年代順 > モンティ パイソン 人生狂騒曲 [1983年/イギリス]、帝都物語 [1988年/日本]、
 バロン [1989年/アメリカ]、フォレスト ガンプ 一期一会[1994年/アメリカ]、
 ティコ ムーン[1997年/フランス,ドイツ,イタリア]、プルーフ オブ マイ ライフ [2005年/アメリカ]、
 ウォンテッド [2008年/アメリカ] < 不定期更新あり 
PageTop▲
♯48.映画紀行 「人知の越境」 2017.1 Update
 大多数の失敗と、万一の成功が結実した知恵を、想像力の翼が飛び越える。
 それはギリシャ神話にあるイカロスの翼ではなく、
 それまで人々に共有されたことなき地平へと、見事に着地させる完成品。
 何時でも、誰にでもとは言い切れないものの、
 穏やかな平常心で向き合えさえすれば、鍵の輪郭は感じとれるはず。
 狭く小さな私見を脱ぎ捨て、実在するものとして受け入れるなら、
 数ある扉のひとつずつは、自ずと開くだろう。
 そして、此の事による経験を「財産」と思うか否かが、
 人の性質と行き先を大きく左右することになる。

 年代順 > ファンタスティック プラネット [1973年/フランス,チェコスロヴァキア]、
 アルザック ラプソディ [1975年発売コミックス動画化-2002年/フランス]、
 モモ [1986年/西ドイツ,イタリア]、ロスト チルドレン [1994年/フランス]、
 ロード オブ ザ リング スペシャル エクステンデッド版 [2002-2003年/アメリカ]、
 アニマトリックス [2003年/アメリカ,日本]、クラウド アトラス [2011年/アメリカ] < 不定期更新あり
♯47.映画紀行 「心の紡ぎ歌」 2016.10 Update
 他愛ない一言を交わせるだけで、波立った心が落ち着くことがある。
 事あるときは重なるというのも、当たり前の法則で、
 そうした場合にこそ、関わった人の本質が見え隠れする。
 涙が滑るように流れる絹のような肌は、日頃の心がけ次第だが、
 全く同じことが、心の形成にも言えるだろう。
 機微という適切な運動や、不要な添加物なき栄養が志を現実に育む。
 知覚するよりも深く、既成概念の支配を踏み越えて、
 今は遥か遠き、あるがままの歌声にも関心を向けてみよう。
 知り得た何れもが、自身の何処かと共振する不思議さを一人でも多くへ。

 年代順 > ローマの休日 [1953年/アメリカ]、
 ブリキの太鼓 [1979年/西ドイツ,フランス,ポーランド,ユーゴスラヴィア/142分版]、
 バグダッド カフェ 完全版 [1987年/ドイツ]、ダンス ウィズ ウルブズ [1990年/アメリカ]、
 ストレイト ストーリー [1999年/アメリカ]、ラスト サムライ[2003年/アメリカ]、
 TAJOMARU [2009年/日本]
PageTop▲
♯46.映画紀行 「来る現実への手掛かり」 2016.7 Update
 雲の切れ目から差し込む幾筋もの光が、吉兆を思わせる。
 ジュール ヴェルヌの功績は、文学の枠を越えた現実世界の予見だった。
 彼自身、それらが本意と相反する分野で悪用される事を予知し、恐れていた。
 科学や発明の産物は多くが、人類に不必要なはずの目的から発達を遂げる。
 身近な薬や道具においても、常に用い方次第で望まれない結果をもたらす。
 世界中の歴史が指し示す群衆・社会心理の本質さえ、導き方次第となる。
 戻り道なき負の領域への歩みをいさめるのも、芸術と称されるものの本質。
 敬いて引き出すは、個人の一生涯では獲得し難き知恵の結晶。
 そして、臨場感を伴う映像の力は、影響までを考慮しなければ曲芸と化す。

 年代順 > メトロポリス [1927年/ドイツ]、2001年 宇宙の旅 [1968年/アメリカ]、 
 未来惑星ザルドス [1974年/アメリカ]、時の支配者 [1980年/フランス]、
 2010年 [1984年/アメリカ]、マトリックス3作 [1999,2002,2004年/アメリカ]、
 イノセンス [2004年/日本]
♯45.映画紀行 「自分という名の歩み」 2016.4 Update
 水気あるものみな凍りつく野外で、吹雪の合間に差した日ざしとともに、
 頭上へ舞い降りた小鳥が二羽、さえずり始めた。
 時ならぬ暖かさを知らせる自然の囁きか。
 気配なき自然体ゆえか、いきものには同類と感じられるのかもしれない。
 「食べて活動して眠る」の繰り返しだけに費やす一生を、
 潔く、美しく重ねたいと欲すればこそ、
 意識の奥底へ、古来からの笛や錫杖のような音色が静かに、密やかに響く。
 意義やら意味さえ細やか過ぎる魂の在り処へ、
 幾度となく、そっとそっと問いかけるばかり。
 
 年代順 > 我が道を往く [1944年/アメリカ]、グランブルー [1988年/フランス,イタリア]、
 フィールド オブ ドリームス [1989年/アメリカ]、コンタクト 完全版 [1997年/アメリカ]、
 ジョー ブラックをよろしく [1998年/アメリカ]、HERO 英雄 [2002年/中国]、
 オペレッタ狸御殿 [2005年/日本]
PageTop▲
♯44.自然へ刻まれし理 2016.1 Update
 水が氷となって岩を砂に変え、樹木や草が枯れて土になった。
 波打つ岸辺で、草木ゆれる地上で、冴え渡る星明かりのもとで、
 久しく永い数限りなき営みを見聞きした生物は、
 途方もない力のひとつずつを敬った。
 絵柄が文字となって広まり、幾世代をも経て伝えられた知恵の源は、
 森羅万象の一片を映したものだった。
 軽んじて見過ごしたが故に、種族ごと消えかける分岐点を前にする度、
 刻まれし形跡の断片を訳して伝える歌人が現れた。
 見えざる聞こえざる理へ立ち入る境をくぐり抜ける際、
 何の痕跡も足跡もない場所が、いかに少ないかを思い知る。
 形から解かれた先人達の名も、尊ぶ者には星座のような標となる。
 
  Dedicated to Christopher Lee [1922.5.27-2015.6.7] and the Starlights.
♯43.真理探究のスパイラル 2015.10 Update
 食べて眠るのも不自由な地域がある一方、
 生きる意味、人生の目的、理想の構築法などを論じ合う人々がいる。
 ちなみに、人が生きた履歴を経て求める正解は、決して唯一になり得ない。
 もしも、人が生まれついた瞬間に、多くの真理を知り得ていたら、
 似たような過ちを繰り返し続けた人類の歴史は変わっただろうか。
 名案めいた問いさえ、あり得ない出来事を思い描く夢の如し。
♯42.文学の密林 2015.7 Update
 並べた文字のひとつずつを鍵に、あらぬ何処かへ心を運ぶ。

 問いが答になり、答が新たな問いを育む途方もなき螺旋。

 たった一行か数行が、人の心へ永く刻まれる。

 描かれた向こう側との行き来で、得られたものこそが真価を示す。

 細密に編みこまれた言の葉が、変えがたき力を宿す。

 時に読み解いた後、それまで重んじた定義すら覆す。

 心を形づくる縦糸と横糸を、能動的に増やすための好対象。
PageTop▲
♯41.美術の星明かり 2015.4 Update
 必然の間をもつ美の有り様を、明確に指し示す標。

 立体もしくは平面上へ、名画のような世界観を表す偉業。

 ふたつとない存在感で、人目を魅了する。

 太古から受け継いだ美意識の集大成。

 作り手の生き様や考えが昇華された刻印。

 向き合う人ごとに、異なるものを想起させる異界への扉。

 存在そのものが、多大な恩恵を抱かせる。
♯40.音楽のシルエット 2015.1 Update
 見えぬ窓が開いたかのように、景色や匂いを呼び起こす。

 無意識に思い浮かび、こころを歌わせる。

 青空の高みへ、夜空の宙へ、ふさわしき所へ、そっと手招く。

 気迷いのような濁りや淀みを、瞬く間に消し去る。

 一歩、もう一歩と、イメージを具現化へ導く。

 忘れるほどの年月を経て、紡がれた姿を現す。
PageTop▲
♯39.はてさて 2014.10 Update
 お題は、遭遇して戸惑う時や、
 取り組む段取りに迷った際にも、つぶやく一言。
 このように存在感の薄い単語に、訳しがたい古語も入り交じる日本語。
 ある時期の都言葉にも由来する地域限定の方言や、
 分野別専門用語も加えれば、外国語並みの多様性を感じる。
 ひらく扉、曲がる道、時機、速さ、意思、つよさ...で変わる居場所は、
 知らず知らず、言葉使いにも左右される。
 無造作に扱われる言語の価値を、静かに探求してみませんか。
♯38.仁義礼智忠信孝悌 2014.7 Update
 子供の頃、古語辞典をめくって読み解いたひとつが南総里見八犬伝。
 1814-1842年に曲亭[滝沢]馬琴氏が編み上げた物語は、読破した数年後から
 始まったテレビ人形劇が、広く知られるきっかけになった。
 それより約一千年前の中国で編まれた聊斎志異[りょうさいしい]も読み、
 想像力を要する物事を好んで求めた年頃だったらしい。
 南総里見八犬伝に描かれた象徴として気になったのが、
 仁義礼智忠信孝悌 [じん・ぎ・れい・ち・ちゅう・しん・こう・てい]。
 ひとつの玉に一文字ずつ浮かび上がる八つが飛び散り、
 個々の性分を持つ剣士が集いて事を為すという奇談。
 庶民に愛されて広まった理由は、仁義から始まる言葉の意義だろう。
 社会的にも政[まつりごと]の上でも、貫かれるのは希なのが実情。
 それでも想像力を要する物事を今も好み、これらを貫ける輪を描きたいと思う。 
PageTop▲
♯37.Keep Calm and Carry On 2014.4 Update
 出先で過ごす時間が長びくほど、公衆トイレを利用する機会も増える。
 ふと、気になったのが、日本らしさの逸品たる多機能便器が備える地味な一端。
 つまり防止などのため、定期的に作動する設備保護洗浄から考察してみよう。
 心を形成する脳内にも、似た機能があるらしいけれど、
 目を合わせて話すことさえ困難な人々が、著しく増えた現状において、
 負荷なき自然体を、無意識に持続させるには何が有効なのだろう。
♯36.根幹主体か、枝葉重視か 2014.1 Update
 家族や連れ合いといながら、会話もせずに無言でそれぞれが、
 携帯電話を操作し続ける異様な光景が、日常的になったこの頃。
 それらの集大成とも言える個性や知識による産物も、虚ろになる一方。
 あっという間に訪れる五年後、十年後を賢明に考えるため、
 気を配る範囲を最低限に絞る枝打ちをしてはいかがだろう。
 行く末のサンプルは、ウメとイチョウの老木。
 屈折した枝ぶりの妙が魅力となるウメも、
 長寿になれば添え木が欠かせない。
 千年を経たイチョウは真っ直ぐに幹を伸ばし、
 30メートル超の巨木になる。
 どちらも樹木としての特徴や恩恵は数多くある一方、
 人生の有り様と重ね見た際の印象は、天地ほど異なるように思える。
 まっしぐらに生を全うするため、渾身の知恵と覚悟で始めた枝打ちは、
 さらりとは終わらず、ややばっさり過ぎたかもしれない。
 これから巡り来る季節を重ねながら、予見した過程を経る事になる。
PageTop▲
♯35.野良囃子:のらばやし 2013.10 Update
 自然に恵まれた田舎育ちと、都会育ちでは諸々の違いがある。
 双方の環境を経た後の日常的な気づきは、今や醍醐味へ変わった。
 身近な森や林が生き物の気配にあふれ、風と光、色彩は定まらぬ音符のよう。
 物音は姿形を投影し、兆しから来る季節の有り様を伺い知ることもできる。

 見聞きを繰り返すほど、日常の楽しさを感じられない人が大勢いるように思う。
 大差ない日々を同じように過ごして年月を重ねながら、機微の差は歴然。
 心身とも動かさない状態が長く続けば、やがては硬直してしまう。
 無心で歩きながら、ごく希とされる機会をとらえた直後の独り言として。

♯34.吾唯知足:われただたるをしる[和様彩雲] 2013.7 Update
 風変わりな組み文字の蹲[つくばい/手水鉢:ちょうずばち]でも
 知られるのは、およそ2,500年前から伝わる一文。
 仏陀/釈迦の遺言となった説話に由来するという
 「吾は唯、足ることを知る」の一説は、
 いくつかの濃密な時間や事柄を経てこそ、実感できるように思える。
 水戸光圀公が寄進した組み文字入りの蹲は京都の龍安寺にあり、
 枯山水の方丈石庭へ用いた十五ある石は、
 何処から眺めても一つが隠れるように配されている。
 東洋思想では、満月の十五夜にも使われる「15」を完全とする伝統があり、
 完成した物事は直後から滅び始めるとも考え、古来から避ける習わしがあるという。
 また、およそ1500年代に茶道の精神を説いた「和敬清寂:わけいせいじゃく」は、
 四文字それぞれの意義を重んじることを指している。
 これもまた、律する/濃縮することで精度を高めようと努めない限り、縁遠いばかり。
 一生涯、見ずとも聞かずともよいものが取り沙汰される度、
 選択から始まるドミノ倒しの先を、年配者並みに深々と考えさせられている。
PageTop▲
♯33.クロスロードから来た音楽 > 腰の入った"やるせなさ" 2013.4 Update
 ズズ..と這うように進む重いビートを背に、絶妙なヴォイスが突き抜ける。
 いずれは夢中になると予想しつつ、先送りにする物事は多々あるが、 
 米国南部で誕生したブルースもそのひとつだった。
 白人文化と黒人文化のクロスロードからやって来た歌心の塊。
 近代音楽の歴史上、根が深く広い同地域の恩恵はあまりにも多い。
 誕生の理由などは先人の語りへ委ねるが、3コード進行も独自の特徴。
 この幹が誕生する前後の変化が、その濃厚さや特異さを物語る。
 今日も心の窓を開け放し、書きかけの地図を片手に散策へ。
 流れに逆らい、“人間らしさの真髄”をあるがままに受け止められれば、
 消えて久しい古道の跡が見出せるのかもしれない。
  Stack O' Lee Blues ♪ Mississippi John Hurt [1928]
  Complete Recordings [2CD] ♪ Robert Johnson [1930's]
  Mannish Boy ♪ Muddy Waters [1955] > Early Roman Kings ♪ Bob Dylan [2012] etc.
♯32.香味一服 2013.1 Update
 コーヒーの香りが、その場を一瞬で和ませる。
 緑茶や紅茶など、食後の一杯が習慣の人も多いらしい。
 酒、煙草を含む多くの嗜好品ならではの魅力は、
 人をリラックスさせる点にあるのだろう。
 落ち着きに欠けた携帯電話の操作癖も同様だが、
 理想は、不可欠に感じさせる中毒性を制御しつつ、
 一定の距離を保って上手につきあうこと。
 そして、たしなみ自体さえ、大人の香りだったりする。 
音色の副題「和様彩雲/わようさいうん」は、仰ぎ見る晴れ(彩雲)を、日本古来からの様式/特徴(和様)へ
 見出す試みを表しました。音色や彩旬記などの特色でもある趣が、より分かりやすく伝われば幸いです。
 音色 neiro - Short Short Story ▲ Archives 3 > ♯32-51 / 2013-2017

					

					
Archives 1 > ♯0-13 
Arc.2 > ♯14-31 
Arc.4 > ♯52- 

Copyright 2005- Toshitaka Shimizu All rights reserved.